呼び名:黄玉
効果:博愛、幸福感、芸術性を高める、邪気を寄せ付けない
浄化方法:クラスター、月、水
相性のいい石:シトリン、ローズクオーツ

トパーズは古代ローマ時代から≪皇帝≫や≪太陽神の象徴≫として呼ばれ、男性たちが好んで身につけたと言われています。

インペリアルトパーズと言われるトパーズは最も美しいものとされています。

インペリアルトパーズの主な産地はブラジルですが、良質な物は少なく、その為希少性が高くなり価格も高額になります。

トパーズは黄色からオレンジの色が多いですが、青色のトパーズはブルートパーズと呼ばれています。
青色の透明宝石の中では、ブルートパーズが最も流通数が多いとも言われています。

青色のトパーズが天然で生まれることは大変希少であり、現在は流通しているブルートパーズのほとんどが、ホワイトトパーズに放射処理が施されています。

ブルートパーズの中でも、その色合いによって、異なる名称が付けられており
薄いブルーは「スカイブルートパーズ」濃いブルーは「スイスブルートパーズ」
紺色に近いものは「ロンドンブルートパーズ」と呼ばれています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事