呼び名:藍玉(らんぎょく)、緑柱石(りょくちゅうせき)
効果:心の余裕を取り戻す、幸せな恋愛・結婚をサポート
浄化方法:クラスター、月、セージ
相性のいい石:アメジスト、マザーオブパール、ローズクオーツ、ロードクロサイト

緑柱石(ベリル)の種類のうち、淡青色をしているものは『アクアマリン』と呼ばれています。

海水を意味するラテン語が由来のアクアマリンは3月の誕生石としてよく知られています。

ヨーロッパでは夫婦のどちらかが誕生日をむかえたときや、親族・友人・職場の同僚の誰かが出産を迎えた時にお祝いの品としてアクアマリンが用いられた装飾品がプレゼントされることが多いです。

また、愛情や友情、夫婦や家族の関係に潤いをもたらす力があるパワーストーンとしても知られており、このことから結婚したカップルへのお祝いの品物としても選ばれています

アクアマリンの海を連想させるような青い色は、主に石の内部に含まれている2種類の鉄イオンによるものです。

品質の評価は主に色の鮮やかさと濃さで決まり、特に青が濃くあらわれているものはかつてよく採掘されていたブラジルの鉱山の名前にちなんで「サンタマリア」と呼ばれており、高値で取引されています。

アクアマリンを手に入れる際には、他の鉱石と同様に偽物に注意する必要があります。

クォーツァイトなどの天然の石をアクワマリンに似た淡青色で着色したものがアクアマリンと称して販売されていることがあるので、正確に見分けたければ専門家に鑑定をしてもらいましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事